HEALING HERBS | マイキ ヒーリングハーブス・フラワーエッセンス

About Healing Herbs

ヒーリングハーブス社

ロンドンから西へ車で4時間、大自然の中にあるヒーリングハーブス社は、1988年9月24日(バッチ博士生誕の日)、ジュリアン・バーナード&マーティン・バーナード夫妻によって設立されました。
この「ヒーリングハーブス」という名称も、ある時期バッチ博士がフラワーレメディーのことを表すのに使っていた言葉です。
今では世界中のプラクティショナーから一般の方まで広く愛され、大きな信頼を得ています。

Essence Maker Julian Barnard

創り手 ジュリアン・バーナード氏

1936年にバッチ博士が亡くなり、彼の死後はアシスタントとして貢献したノラ・ウィークス女史がレメディーを製造しました。
彼女はバッチセンターのディレクターになり、1960年にはニッキー・ミュレイ女史がノラ・ウイークスと共に働き始め、エッセンスの処方や植物のもつ癒しの性質について直々に学びました。

1972年ノラ・ウィークス女史の死後は、ニッキー・ミュレイ女史と兄弟であるジョン・ラムセル氏が後継しました。 ジュリアン・バーナード氏は、ニッキー・ミュレイ女史に付いてフラワーレメディーのすべてを学び、レメディー作りにも関わり続けていました。また独自の植物学者としての研究にも励み続け、フラワーエッセンスに関する多くの著書を執筆しています。

ニッキー・ミュレイ女史はジュリアン・バーナード氏についてこう語っています。

ジュリアン・バーナード氏は18年に渡る私の親友であり、同僚です。
彼がエドワード・バッチ博士の仕事に一生を捧げることを、仕事のパートナーでもある奥様のマーティンは優れた理解を示してくれました。
ヒーリングハーブス社は、イギリスやウェールズのカントリーサイドで育った野性種の植物を使用して、正真正銘にバッチ博士が示したとおりにフラワーエッセンスを作っています。

これらのエッセンスが作られるのには、多大なる配慮と愛情、創り手の純粋さ、これらのすべてが合わさり奇跡的な自然の治癒をもたらすのです。
私が個人的にも使用し選ぶのはヒーリングハーブス、そして心からヒーリングハーブス社をサポートすることに捧げたい。
 
-1995年 ニッキー・ミュレイ女史に、ヒーリングハーブス社のことをインタビューしたFES(米国のフラワーエッセンス研究開発教育機関)の記事より-

Making Quality Flower Essences

最高品質のフラワーエッセンス作り

ヒーリングハーブス社は、イングランドとウェールズの間にある自然豊かな田園地帯、ブレコンビーコンズ国立公園に隣接する美しい環境にあります。
最高品質のエッセンス作るために、澄んだ美しい空気と純粋な天然の湧き水は不可欠です。
自生する野生のパワフルな植物の花が満開の時に、途切れることなく太陽の光がある日だけに作られるフラワーエッセンス。
ジュリアン・バーナード氏は30年以上に渡り、最適な条件でのみエッセンスを作るための準備を続けています。
自然界の四大元素(火・風・水・土)と創り手のジュリアン・バーナード氏が一体となって、バッチ博士の伝統的なエッセンス作りを大切に守り、真心を込めてフラワーエッセンスを作り続けています。

English Flower Essences prepared according to the original directions of Dr. Edward Bach.

The Purest Water  純粋な天然の湧き水

エッセンス作りは、純粋な天然の湧き水を見つけることから始まります。

Sun Method  太陽法

12ヒーラズと7ヘルパーズは、太陽法で作られます。
太陽を横切る雲がなく、空が完全に青くなっている時を選び、太陽法でエッセンスを作ります。
薄いガラスのボウルに新鮮な湧き水を入れます。
太陽法のエッセンスは、満開の花のすぐそばで水に花を静かに浮かべ、遮るもののない陽の光に数時間置いて作られます。

Boiling Method  煮沸法

セカンド19のレメディは、一つをのぞいて煮沸法で作られます。
煮沸法のエッセンスは清潔なホーロー鍋に花と茎を入れ、新鮮な湧き水を入れ、30分煮込みます。
その後同じ植物の小枝で花を取り除き、ろ過します。

Diluting & Preserving  希釈保存

エッセンスを希釈し保存するために、フランスのオーガニックブランデーと合わせて、マザーティンクチャー(母液)を作ります。

Bottling & Packaging  ボトル詰めと包装

専任の経験豊富なチームによって慎重にボトル詰めし、包装します。
各ボトルには最初にレメディーの名前が記載されたラベルを付け、全ての作業の意味を理解したチームが充填・トッピングをし、包装します。
バッチ博士が望んでいたように、レメディの質と効果を維持するために集中して全ての作業を行なっています。